忘れてはいけない契約のための書類

キャッシングでお金を借りたいという時はまず行わないといけない作業があります。それはキャッシングで使用するカードを手に入れなければならないということです。ではそのカードは何処で手にすることができるのででしょうか。ここで説明するのは自動契約機でカードを手に入れる方法です。

まず自分が利用したい金融会社の自動契約機を探すのですが、スマホやパソコンをお持ちの方ならば検索すれば簡単に特定することが可能です。場所を発見することができたら忘れ物に注意しなければなりません。それは本人確認を証明する書類です。具体的に言いますと免許証やパスポートなどです。

こういった書類を忘れてしまっては自動契約機に行ってもカードの契約はできませんので注意しましょう。また借り入れる金額によっては収入を証明できるものが必要になります。他にも他の金融会社で利用している金額と新たに借り入れる金額をプラスした金額によっても同じように収入を証明する書類が必要になるので用意しておきましょう。

返済回数は三回までと決めています

キャッシングの返済は、私の場合ほとんどが三ヶ月以内に終わらせるようにしています。

カードローンなどのキャッシングだけではなく、クレジットカードでの支払いも私は最高三回です。

三回以上だと利息がどうのとか、手数料がとかそういった事ではなく、精神的に三回が限界な為です。

利用明細などに残り支払い回数などが書かれていて、それが十回とか書いてあると心配でしょうがないのです。

この先何があるかわからないし、払えるかどうかわからない、十回も支払い続けられるだろうかと。

なのでキャッシングも、三回以内で返済できる額しか借りません。

本当はもっと借りた方が良いのですが、返済回数が三回を超えるくらいならと我慢して節約生活をしています。

払い終わってみるとかなり余裕があったりするのですが、どうしても返済回数を増やす事が出来ません。

キャッシングの利息について

金融機関からキャッシングを利用してお金を借りたら、必ず一定の決められた日に返済する必要があります。

そして返済するのは借りた元本だけでなく、借りた日から返済日までの利用期間の間、利息を併せて支払う必要があります。

そのためキャッシングをする場合、どのくらいの利息を支払う必要があるのかということはとても気になるところです。

そして利息は金融機関で定められた金利によってどのくらいなのかが決まってきます。

そこで金融機関はキャッシングのサービスを提供するにおいてどのくらいの金利が定められているのかというと消費者金融と銀行で違ってきます。

一般的に消費者金融よりも銀行のほうが低金利になっていて、できるだけ返済額を少なくしたいのであれば銀行系のカードローンを利用したほうがいいでしょう。

そして具体的にはどのくらいの金利が定められているのかというと消費者金融の場合は4.5%から18%というのが一般的です。これに対して銀行系のカードローンの場合は4.0%から14.5%となっていて、定額の融資を受ける場合には結構差があると言えます。

また最近ではネット銀行のカードローンのサービスもあり、こちらは3%台から13%台でよりお得となっています。

主婦の買い物にキャッシングが役立つ

買い物をすると、気分が晴れるし楽しいし、生活が充実しますよね。
私は既婚の主婦ですが、買い物のためにキャッシングをしています。

借入先は消費者金融です。
アルバイトをしていれば学生でもキャッシングはしてもよい?

通常、キャッシングをするためには返済能力が必要となります。

主婦であっても、パートで月に数万円を稼いでいたので借り入れが可能となりました。
旦那や子供には知られずに借り入れできるのが嬉しいですね。

借りたお金はバッグ、洋服、アクセサリーに使っています。

主婦ですので、旦那の食費に、子供の養育費にとお金を割かなければならず、自分が使えるお金はとても少なくストレスを感じていました。
キャッシングすれば、欲しい物がすぐに購入できるのでストレス解消に役立ちました。

知らず知らずの内にストレスが溜まり、爆発してしまうこともありましたがキャッシングでお金を借り入れできるようになってからは、いつもストレスフリーとなりました。
お金が必要になれば、コンビニに寄ってキャッシングコーナーに立てば、すぐにお金を借り入れできるのです。

キャッシングカードは持っていると大変役立ち、買い物の時も残金を気にせずに買い物ができます。
限定品を買う時や、発売されたばかりの物を買う時に特に役立っており、お金が貯まるのを待たずにすぐに購入できます。

新作商品や限定商品はなるべく早く買い求めたいですよね。

数万円、十数万円してしまう商品はお金が貯まるまで時間がかかってしまいますがキャッシングしたお金で買えば、瞬時にお金が手に入るのですからお買い物がより楽しくなります。
金利はかかりますが、最近の消費者金融は低額金利ですから安いものです。

早くお金が手に入る代わりに、数百円程度の少額金利を支払うだけで良いのですから負担がありません。

家計の管理に困った時も活用でき、お金を借りては助かっています。

食費などの生活費にも利用ができるために、家族と少し豪華な食事をしたい時にもお金を借り、家族円満を保っています。

主婦でもキャッシング出来るの?

急な出費の時に、助けてくれるのがキャッシングサービスですよね。

キャシングサービスをしている会社はたくさんあります。
多くは銀行や消費者金融だと思います。会社に務めている正社員の方なら、どこでもキャシングサービスが利用出来ると思います。

では主婦の方はどうでしょうか?

主婦といっても、収入のあるパートをしている主婦の方と。
一切仕事はしていない専業主婦の方がいらっしゃいます。

同じ主婦でも、キャシングサービスを利用するときには区別されます。

まず、パートをしていて、毎月一定の収入を得られる主婦の方は、専業主婦の方とは違いキャッシングサービスを利用することが出来ます。
その多くは、消費者金融のキャシングサービスです。

消費者金融のキャッシングサービスを利用できる条件は、毎月一定の収入があることです。
ですから、パートをしている主婦の方なら、この条件に当てはまるのです。

残念ながら収入のない専業主婦の方は、消費者金融のキャッシングサービスを利用することは出来ません。

そして、消費者金融のキャッシングサービスは、安定した収入があれば審査に通る確率が高いです。
もちろん、自分の名義だけでキャッシングサービスを利用することが可能です。

では、専業主婦の方はキャッシングサービスを利用することが出来ないのでしょうか?
消費者金融でのキャシングサービスは利用出来ませんが、専業主婦でもキャシングサービスを利用出来る方法があるのです。

それは、銀行カードローンです。

配偶者の方の、同意を得ることが出来れば審査対象が配偶者の方になるので、専業主婦の方でもサービスを利用することが出来ます。

その場合には、法律で定められている『総量規制』対象外の会社を利用することです。
銀行はこの総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦でもキャシングサービスを利用することが出来ます。

1 2 3 4