アルバイトが審査の可決率を高めるポイント

“消費者金融の利用条件は20歳以上で安定した収入がある人となっているので該当していれば正社員、アルバイトなどは問わないで利用する事が出来ます。
しかし消費者金融の審査で返済能力があるかという点は重視するのでアルバイトは正社員に比べて審査の可決率は落ちてしまいます。そこでアルバイトが審査の可決率を高めるポイントを見ていく事にしましょう。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのためアルバイトで借入希望額を高くしてしまうと総量規制に引っかかってしまい審査が否決されてしまう事があります。
そのためアルバイトで働いている人が消費者金融に申し込む時は総量規制になっている事を頭に入れて収入に見合った借入希望額をするという事が審査の可決率を高めるポイントになってきます。”

友人と同じ消費者金融に申し込んでみました

予期していなかったことで突然お金が必要となってしまい消費者金融のキャッシングから資金援助を受けたことがあります。銀行に預金はあったのですが定期預金にしてあり、定期預金を破棄するのはちょっともったいないような気がして消費者金融を利用してみることにしたのでした。

友人に消費者金融のキャッシングを使っている者がいて、キャッシングは便利だと話していたのを聞いていたこともありました。そのようなわけで消費者金融を利用することに特に抵抗感のようなものはありませんでした。申し込み申請をした消費者金融も友人が利用しているところと同じにしました。

友人から最初のキャッシングには30日間だけ利息がかからないとアドバイスされていたので、私も同じお金を借りるなら利息は少しでも安いほうがいいと思い友人と同じ消費者金融に申し込んでみることにしたのでした。申請手続きを済ませたところ審査は合格となり私は必要なお金を融資してもらえることができました。

消費者金融のキャッシングには融資限度額というものがあって、借りられる金額には上限があります。私の融資限度額は10万円となっていました。友人にこのことを話すと友人も最初は10万円だったと言っていました。友人の話では融資限度額は真面目にキャッシングを利用していくと増えていくようです。

友人の今の融資限度額は20万円になっているようです。私も返済期日を守るなどして真面目にキャッシングを利用して融資限度額を上げていってみたいと思います。